NEWS

ポスターのリネンバッグ(裏貼り)について

【リネンバッグとは】
リネンバック(裏張り)とは、補強のためにポスターの裏に麻布(リネン)を貼り付けることです。

現在刷られている一般的なポスターは紙に強度があるものが多いのですが、
ヴィンテージポスターなどのポスターは薄い紙に刷られることも多く、
経年によるしわや折れ、やぶれなどが目立ってきます。
また現代のポスターも10年、20年とたつとやはりシワや折れが発生することがあります。

リネンバック(裏張り)とは、そのようなシワ、折れなどを目立たなくするために
補強としてポスターの裏に麻布(リネン)を貼り付けます。


【リネンバッグの利点】
リネンバックすることで、ポスターの強度が増し、長期保存に最適となります。
またしわ、折れ、破れや裂け目なども目立たなくなります。


【他社との違い】
当ギャラリーのリネンバックは、国の重要な掛け軸や襖絵の修復も行う京都の職人による丁寧な作業が特徴です。
また日本の風土・気候にあった糊を使用して行うため、はがれたりすることもありません。
またリネンバックに一番最適とされる麻を使用することで、巻いても状態の損なわない耐久性の優れたポスターに仕上がります。


時代を経た大切なポスターの保護のために、リネンバックをお勧めいたします。

料金は、ポスターのサイズによって異なります。
詳しくはお問い合わせ下さい。 →075-746-5188

WHAT'S NEW 記事一覧へ >>